ノイズ(雑音)除去と音声(音楽)編集−工房AOK    「ノイズ除去」ご利用説明書
トップページへ 質問・相談 ノイズ(雑音)除去 瞬間的異音の除去 別館TOPへ

〜 当工房の音声編集(ノイズ除去)ご利用の皆様へ 〜

【騒音】電車などの交通騒音、会場のザワザワした
音声を含む音、瞬間的な異音……など変動する音
【ノイズ】ICレコーダやテープレコーダなどの雑音、
電話やテレビ・ラジオの雑音、エアコンなどの空調音
……など定常的な音
  備考) ● 耳障りな異音(携帯電話の呼び出し音、咳……)の除去は、瞬間的異音の除去を参照ください。
      ● ごくまれにではありますが、ノイズに埋もれて全く聞き取れないような音声でも「ノイズが完全に除去されて鮮明になる」と
        思っている方がおられます。 残念ながら、「そのような技術・方法はこの世の中に存在しない」ことを認識願います。


 この説明書は、当工房がノイズ除去した音声(音楽)データ(納品媒体、納品ファイル)を有効に活用していただく
ために、「ノイズ除去の概要」と「再生する際の要点」について説明したものです。

1.ノイズ除去とは? ---- ご参考
   音声にしろ音楽にしろ、聞き取りやすくするにはノイズを除去しなければなりません。
   音量は、再生機器のボリュームを調整すれば、大きくも小さくも自由にできます。
   ただし、ノイズを除去しないで音量を上げれば、ノイズもそれに比例して大きくなってしまいます。
   つまるところノイズ除去とは、音声が不明瞭にならない範囲内で、できるだけSN比(音声/ノイズ)を良く(高く)
  する
ことと言えます。

2.「聞き取りやすくする」ための編集
   ノイズ(雑音)や小さな音声のために、聞き取りにくい声を聞き取れるようにできるか否かは、SN比次第
  決まります。→小さな声ほどノイズが大きい!(比率)
   また、ノイズを十分に除去できるか否かは、ノイズの種類にもよります。
 [ノイズの種類と除去の難易性]
    レコード媒体などで発生するクラックルノイズ(プチプチという音)を除けば、ノイズは次の2種類に大別されます。
    ・ヒスノイズ
      「サー」というテープ媒体などに発生するノイズで、周波数帯域が広範囲にわたるため、音声の周波数成分
     と重なりが多く除去が難しい
    ・ハムノイズ
      「ブーン」という電源系統などから混入するノイズで、特定の周波数成分だけが突出しているため、音声の
     周波数成分との重なりは少なく比較的除去しやすい
   ノイズは完全に(100%)除去することも可能ですが、あまり強く除去すると不明瞭な音声になります。
   また、小さな声を大きくすることはいくらでも可能ですが、これに伴いノイズも増幅されてしまいます。
    従いまして、当工房が実施している「聞き取りやすくする」編集は次の通りです。
     (1) 音量差を圧縮後、小さな声の音量をアップして聞き取りやすくする。
       (小さな声の音量アップに伴い、ノイズも増幅します)
     (2) 音声が不明瞭にならない範囲内で、ノイズを除去する。
    これにより、現状よりは聞き取りやすくすることが可能になります。

【編集サンプルの時間波形】


編集前




音量調整(音量差圧縮後、小さな声の音量アップ)




ノイズ除去




音量調整(Final)

3.編集(ノイズ除去)データの利用(再生)方法
   お好みに合わせて、再生機器のボリュームを調整してください。
   ●「小さな声」の音量をオリジナルに合わせると、オリジナルより「大きな異音やノイズ」が小さくなります。
   ●「大きな異音やノイズ」の音量をオリジナルに合わせると、オリジナルより「小さな声」が大きくなります。









初版:2005年5月19日  Copyright © 2005-2007 ノイズ除去&音声編集 − 工房AOK All Rights Reserved.  最終更新:2014年4月17日

Since 2005.5.19