ノイズ(雑音)除去と音声(音楽)編集−工房AOK   MLD,SMAF/MMF,3GPP,3GPP2
  →WAVE,AIFF,MP3,WMA変換
トップページ mtp見積(自動) mtp注文 ♪名曲を着メロに♪ MP3/WMAを着うた・着声に! MIDI→MP3,WMA変換 別館TOP


  携帯電話用圧縮ファイル(MLD,SMAF/MMF,3GPP,3GPP2)を、「WAVE,AIFF,MP3,WMA」に変換する
 サービス(有料)です。

 当サービスを利用しない場合一方向ファイル変換)  携帯電話用ファイル  パソコン(PC)用ファイル 
 当サービスを利用した場合双方向ファイル変換)  携帯電話用ファイル  パソコン(PC)用ファイル 

  当工房が独自に開発した「携帯電話用圧縮ファイル→WAVE/AIFF変換技術」により、障害となっていた
 ”携帯電話とPC間の垣根”は取り払われ、それぞれの音声(音楽)資源が相互利用できる環境が整いました。

  具体的には、次のようなことが可能になります。
  ●携帯電話用圧縮ファイルも、PCで編集できるようになります。
    当工房の例では、「ノイズ除去、音声(音楽)編集、声質変換(ボイスチェンジ)、テキストの音声化……」など、すべての編集サービスが
   携帯電話用圧縮ファイルでも利用できるようになります。
  ●携帯電話とPCの音声(音楽)資源を、相互に利用できるようになります。
    当サービスを利用すれば音声(音楽)資源の活用範囲が広がり、用途は無限にあると言っても過言ではないでしょう。

T.「携帯電話用圧縮ファイル→WAVE/AIFF変換」仕様

     変換されたWAVE/AIFFファイルは、変換元携帯電話用圧縮ファイル以上の音質にはなりません。
     必要以上に”サンプリング周波数”を高くしても、ファイルサイズが大きくなるだけで
    元の携帯電話用圧縮ファイルより音質が良くなるわけではありません。→その理由はコチラと同じです。
     また元の携帯電話用圧縮ファイルがモノラルであるのに、チャンネル数を2(ステレオ)に変えても
    ステレオ感がでるわけではありません。→その理由はコチラと同じです。

【WAVE/AIFF変換仕様】
フォーマット:PCM(.wav/.aif)
サンプリング周波数(kHz):8,12,16,24,32,44.1(音楽CD音質),48(DAT音質) ------ 左記以外の周波数も可(指示要)。
量子化ビット数:16bit
チャンネル数:1(モノラル)/2(ステレオ)

 推奨変換(変換元携帯電話用圧縮ファイルの音質から設定した目安です)
変換元 携帯電話用ファイル(拡張子)変換後 WAVE/AIFFファイル
サンプリング周波数量子化ビット数チャンネル数ファイルサイズ※1
(1分間)
MLD(.mld)16kHz16bitモノラル1,920kB
SMAF/MMF(.mmf)MA-2 フォーマット8kHz16bitモノラル 960kB
MA-3 フォーマット16kHz16bitモノラル1,920kB
MA-5 フォーマット24kHz16bitモノラル2,880kB
12kHz16bitステレオ2,880kB
3GPP(.3gp)※2AMR(スピーチ)8kHz16bitモノラル 960kB
AAC(ミュージック)16kHz16bitステレオ3,840kB
3GPP2(.3g2)※2AMR(スピーチ)8kHz16bitモノラル 960kB
AAC(ミュージック)16kHz16bitステレオ3,840kB
 ※1:次式で算出した1分間の計算値です。
    ファイルサイズ=(サンプリング周波数)×(量子化ビット数/8)×(チャンネル数)×(録音時間:秒)
     1分(60秒)間のファイルで「16kHz、16bit、モノラル」の場合
      (16)x(16/8)x(1)x(60)=1920kB
 ※2:音声だけではなく映像も含んだファイルも可。(ビデオ(AVI)の音声編集と同様に、音声データのみを抜き出し変換します)


U.「携帯電話用圧縮ファイル→MP3/WMA変換」仕様 ------ 2005.6.24追加

     T項で「WAVE/AIFF」にデコードすれば、後はどなたでも「MP3/WMA」にエンコードできるはずですが、
    それも面倒と言う方のために「MP3/WMA変換」まで行うサービスです。
     変換されたMP3/WMAファイルは、変換元携帯電話用圧縮ファイル以上の音質にはなりません。
     必要以上に”ビットレート”を高くしても、ファイルサイズが大きくなるだけで
    元の携帯電話用圧縮ファイルより音質が良くなるわけではありません。

    備考)MP3/WMAの「ビットレート・音質・ファイルサイズ」につきましては、MP3vsWMA 徹底比較!をご覧ください。

【MP3/WMA変換仕様】
フォーマットCBR(固定ビットレート)
ビットレート(kbps)MP3モノラル  32,40,48,64,80,96,128,160
ステレオ 64,80,96,128,160,192.256,320
WMAモノラル  32,48
ステレオ 64,80,96,128,160,192.256,320
チャンネル数1(モノラル)/2(ステレオ)


V.変換実例

●WAVE/AIFFファイルの試聴
  「WAVE/AIFF」はファイルサイズが大きいため、再生音は「MP3の最高ビットレート320kbps」で代替させました。
●携帯電話用ファイルの試聴
   PCで再生するには、次のようなプレーヤーが必要です。(再生確認に使用したプレーヤーです)
MLD(.mld)PsmPlayer
SMAF/MMF(.mmf)ミッドラジオプレーヤ
3GPP(.3gp)/3GPP2(.3g2)QuickTime 6.5

変換元 携帯電話用ファイル(拡張子)サンプル変換後(WAVE/AIFF)
サンプル名時間サイズ代替再生 MP3(320kbps)
MLD(.mld)MLD_sample※11分24秒4kB
3.3MB
SMAF/MMF(.mmf)MA-2 フォーマットMA2_sample※228秒7kB
1.1MB
MA-3 フォーマットMA3_sample※21分00秒14kB
2.4MB
MA-5 フォーマットMA5_sample※21分14秒22kB
2.9MB
3GPP(.3gp)AMR(スピーチ)3GPP(AMR)_sample※331秒296kB
1.2MB
AAC(ミュージック)3GPP(AAC)_sample※331秒371kB
1.2MB
3GPP2(.3g2)AMR(スピーチ)3GPP2(AMR)_sample※331秒297kB
1.2MB
AAC(ミュージック)3GPP2(AAC)_sample※331秒370kB
1.2MB
 ※1:♪著作権消滅曲♪のMIDI曲「禁じられた遊び」をMLDに変換してサンプルとしたものです。
 ※2:YAMAHA [SMAF Demo]より引用。
 ※3:NTTコミュニケーションズ「TVCF MOVIES」から引用したsupport30_broad.wmvを、3GPP/3GPP2に変換してサンプルとしたものです。
【音声データの抜き出し】
  ビデオ(動画)データから、「音声データのみを抜き出す方法」の説明用画像です。

映像データ





音声データ









音声データのみを抜き出し


W.ご注文から納品までの流れ

1.料金の確認
   
mtpお見積もり(自動)により、料金を確認ください。

2.変換元ファイルの準備
   変換元ファイルを用意ください。

3.ご注文
   「携帯←→PC双方向ファイル変換」注文書により、ご注文ください。
  備考)この段階では、「仮受付」となります。
     メールアドレスが間違っていますと、当工房からの連絡が不能になりますので、今一度確認願います。

4.料金のお振り込み
   ご注文時に指定した金融機関の口座に、料金をお振り込み願います。
  備考)料金のお振り込みが確認された時点で、「正式受付」となります。

5.「変換元ファイルのアップロード」と「納品ファイルのダウンロード」
   ウェブ私書箱をご覧ください。


 当工房は、日本音楽著作権協会(JASRAC)が求めている「著作権保護期間の延長」は、「公正な利用の
促進」という文化享受権を阻害するものとして反対します!

 (左のロゴはインターネット電子図書館「青空文庫」から引用)
  【注意】 「自分以外の著作物」で当サービス(ファイル変換)を利用する場合は、自己責任において必ず次のことを順守ください。
        ・著作権者またはその管理を委託されている団体の許諾を得ること。
        ・私的使用以外の目的で利用しない。




初版:2005年6月10日  Copyright © 2005-2006 ノイズ除去&音声編集 − 工房AOK All Rights Reserved.  最終更新:2008年2月23日
                     MLD,SMAF/MMF,3GPP,3GPP2→WAVE,AIFF,MP3,WMA変換リンクフリーMLD,SMAF/MMF,3GPP,3GPP2→WAVE,AIFF,MP3,WMA変換
Since 2005.06.10