ノイズ(雑音)除去と音声(音楽)編集−工房AOK

♪自分好みにマスタリング♪

トップページへ 質問・相談 ノイズ(雑音)除去 瞬間的異音の除去 別館TOPへ

 お仕着せのマスタリングは”しっくりしない”もの、自分の曲は自分で仕上げましょう!
 当工房がお手伝いします。

 ライブ、コンサート、デモ曲などの音源(カセットテ−プ、MD、CD-R/RW……)から
原曲の良さをよみがえらせCD化するのにご利用ください。
 音源が音楽ファイルの場合は、ご注文(当工房のウェブ私書箱を利用)が便利です。


【マスタリングのサンプル】

  サンプルは、オリジナルの長さからサンプルノイズを採取するのに必要な曲前と曲後は残し、
 曲中を適宜カットして時間短縮したものです。

カテゴリーご提供
(ニックネーム)
オリジナルの
ファイル形式
曲 名時 間サイズ編集前
mp3
編集後
mp3
編集詳細掲載日
ロックTsutomuMP3
80kbps
モノラル
11mmの夢32秒313kB※12004-8-28
青春のゆくえ68秒666kB※1
飛んでくgangstar53秒524kB※1
演歌noribeeeMP3 (VBR)
22050Hz
モノラル
月島53秒324kB※2※22004-8-29
クラシックmioWAVE(wav)
16bit-44100Hz
ステレオ
ハンガリー舞曲45秒703kB※3※42004-9-11
その他DenkoWAVE(wav)
16bit-44100Hz
ステレオ
My Fun57秒1.1MB2005-7-18
※1:時間を短縮していない曲はコチラで聴けます。
※2:オリジナルに合わせて、編集ファイルも可変ビットレート(VBR)にしています。
   試聴できない方は、VBR対応のプレーヤーでお聴きください。←不親切(かな?)
※3:演奏会の録音で、曲前に異音、曲後に拍手の音が入っていたため、あらかじめ除去してから編集。
※4:時間を短縮していない曲はコチラで聴けます。

               サンプル曲募集中

●特徴

  ・楽曲には必須の、高音域も犠牲にしないノイズ除去
   音楽には欠かせない高音域を生かしたまま、ノイズを除去します。

     オリジナル(編集前)          一般的なノイズ除去       高音域を犠牲にしないノイズ除去
   詳細は「高音域を犠牲にしないノイズ除去」を参照ください。

  ・インターネットディスクを利用した試聴確認で、納得いくまでのマスタリング。

●マスタリング項目

   下記のマスタリング項目から、ご希望の項目を自由に幾つでも選択できます。

  ・ノイズ除去
    楽曲には欠かせない高音域を生かしたまま、曲に含まれるノイズを除去します。
    (サルでもできる「曲前/曲後のノイズ除去」! サルにはできない曲中のノイズ除去!)
    ※:正確に言えば、これはノイズ除去とは言わず「無音化」と言います。

[ノイズ除去と無音化の違い(イメージ図)]


 オリジナル
 (曲前・曲中・曲後にノイズあり)



 無音化(ノイズゲート)→サルでもできる!
 曲前/曲後のノイズは除去(無音化)できるが、
  曲中のノイズは除去できない。



 ノイズ除去→サルにはできない!
 (曲中のノイズも除去)
備考)ノイズゲートは、音楽に必要な”余韻”を消してしまう弊害も生じるため、当工房では一切使用しておりません。
    関連→音楽にノイズゲートは禁物!

  ボーカルと楽器演奏の相対音量調整(ステレオのみ)
    ボーカルが中央、楽器演奏が左(L)右(R)に配置していることを想定したステレオが対象です。(モノラルは不可)
    ボーカルを強調したり弱くしたり、お好み通りに編集します。

  ・音程の微調整
    音程を、お好み通りに微調整(上げ、下げ)します。(部分的に調整することは不可←担当の音感が?のため)

  ・音響付加
    世界の著名な劇場/コンサートホールと同じ音響を、曲に付加します!

  ・ステレオのバランス修正
    左(L)右(R)の音量バランスを修正します。(録音時の配慮不足による、アンバランスの例が多々みられます)
              編集前                         編集後     

  ・イコライジング
    お客様が、グラフィックイコライザーで調整した通りに編集します。
【周波数帯とその要素】
  グラフィックイコライザーは周波数帯域ごとに音量をコントロールできるスライダーを備えたエフェクトです。
  これによって、そのサウンド性格を決定づける周波数帯をコントロールして輪郭をはっきりさせたり、逆に
 ぼやかせたりします。
 ・1〜2KHzは元音の性格を強調してくっきりさせます。ドラムサウンドに使うといいですね。
 ・300Hz以下は低音の迫力を出すのに重要なところ、このあたりを削ると昔のラジオサウンドになります。
 ・7KHz以上は音のキンキンした感じを出すところ、ここを下げると途端に音がもやついてきます。
周波数要素(性質)
31.5Hz低音の揺れに近い振動の迫力
63Hz低音の重量感の成分
125Hz低音の輪郭、ここを下げると低音が出ているようでもやついてしまう。
250Hzこれも低音の輪郭を作るのに大事なところ。
500Hz中域の安定感、ここを下げると音は出ているんだけどペラペラになる。
1kHz中域のもっとも大事な部分、アタック感の成分もある。
2kHzこれも中域の大事なところ、高いアタック感の成分もある。
4kHz高域の存在感を出すところ、ここを下げると高音の迫力が、今ひとつ欠ける
8kHz金属的なシャリシャリした高い音は、このあたり。
16kHz耳には聞こえにくくなってくるが、しゃきっとした音を作るのには大事なところ
 ※:DigiOn Sound Parkより引用。
【設定例】
  Windows Media Player 9(以下WMP9と表示)付属のグラフィックイコライザーにプリセットされた
 ジャンル別設定値を、参考までに記します。

ジャンル31Hz62Hz125Hz250Hz500Hz1kHz2kHz4kHz8kHz16kHz
ロック-1123-1-10044
ラップ-1022-1-10046
グランジ-400-200230-3
メタル-4000003031
ダンス-1451-1-10044
テクノ-614-1-1-20055
カントリー-1002200033
ジャズ0003330244
アコースティック0120000022
フォーク-1010200020
ニューエイジ0330000011
クラシック0663000022
ブルース-10210000-1-3
オールディーズ-20210000-2-5
レゲエ-100-3034034
オペラ0003425200
スウィング-1000330244
 ※:WMP9は、中心周波数31.5Hzと63Hzを31Hz、62Hzと表示。

  ・コンプレッサー&リミッター
    ダイナミックレンジ(音量差)を圧縮して、楽曲を力強い迫力ある音にします。

  ・エキスパンダー
    ダイナミックレンジ(音量差)を拡大して、単調な楽曲を音量変化に富んだ音にします。(コンプレッサーと逆の機能)

  ・ノーマライズ(音量調整)
    音量を適正レベル(音がひずまない範囲内での最大レベル)に調整します。

  ・フェードイン/フェードアウト
    必要により、曲の開始/終了個所をご指定通り編集します。

  ・無音挿入(曲前、曲後)
    曲前と曲後に、ご指定の長さだけ無音を挿入します。

  ・時間調整(タイムストレッチ)
    音程を変えずに、曲の長さを微調整します。(部分的に調整することも可)

  ・音質改善(MP3、WMA)
    MP3とWMAのビットレートを上げるときに、倍音成分を生成して音質を改善します。
    (詳細は、
MP3 & WMA 音質改善!を参照ください)

  ・その他
    その他、あらゆるご要望にお応えします。

●マスタリングの作業手順

 手順1.音源の送付
       カセットテ−プ、MD、CD-R/RWなどの録音媒体を送付ください。
      ※: 音楽ファイルの場合は、MP3やWMAなどの圧縮ファイルではなく無圧縮のWAVE(wav)またはAIFF(aif/aiff)ファイル
         の方がマスタリング効果が上がります。

 手順2.イコライジング用音楽ファイルのダウンロード
       ノイズを除去したWAVE(wav)ファイル(イコライジング用として、調整時にクリップしないよう音量をピーク値で−6dB程度に
      下げたもの)を当工房のインターネットディスクにアップロードしますので、ダウンロードしてください。
      ※: ほとんどのプレーヤー(グラフィックイコライザー)で対応している、WAVE(wav)に統一します。
【ダウンロード手順】
   ウェブ私書箱をご覧ください。
 手順3.イコライジング
     (1) お客様がお持ちのプレーヤー(WMP9など)付属のグラフィックイコライザーで、
       試聴しながら調整ください。
   (画像は WMP9付属のグラフィックイコライザー)

     (2) 周波数ごとの調整値(dB)をメールで連絡ください。
     (3) ご指示通り編集したファイル(wav)をインターネットディスクにアップロードしますので、
       手順2と同じ要領でダウンロードの上、試聴確認ください。
     ※: 試聴は、グラフィックイコライザーの調整をOFF状態にして確認する必要がありますのでご注意ください。

 手順4.最終確認
       その他の編集も手順2、手順3と同様に試聴をお願いしながら進め、マスタリング完了後のファイルを
      最終的に確認いただきます。

 手順5.CD化
       音楽CD(cda)形式でCD−Rに記録します。
       (WAVE(wav)またはAIFF(aif/aiff)、MP3、WMAファイルをデータCDとして記録することも可)






===============================================================================================
【マスタリングのサンプル曲募集】----無料でマスタリング!

  サンプル曲をご提供いただいた方に、無料でマスタリングをサービスいたします。
  当工房のインターネットディスクを介してファイルをやり取りし、マスタリングするサービスです。
  (録音媒体による申し込みは有料で対象外)

1.募集条件
   下記条件を、すべて満足・了承いただけること。
 (1) 自作曲(著作権)または自分が演奏・歌った曲(肖像権)に限る。
 (2) このページの●マスタリングのサンプルに掲載することを許諾いただく。
    代表的なサンプルを10秒〜1分程度抜粋して掲載させていただきます。
 (3) 音楽ファイル
   ・ファイル形式
     WAVE(wav)、AIFF(aif/aiff)、MP3(mp3)、WMA(wma)
   ・ファイルサイズ
     100MB(ステレオの 16bit-44.1kHz WAVEの場合:約10分)以内。
   ・録音時間
     10分以内。(ファイルサイズが100MB未満であっても、10分を超える曲は不可)
 (4) 納期
    通常業務の空いた時間を利用して編集するため、あくまでも当工房の都合によります。
    (納期を指定することはできません)
2.申し込み
   ♪マスタリング(無料)♪申し込み(メール)で、お申し込みください。
3.「編集元ファイルのアップロード」と「編集ファイルのダウンロード」
   ウェブ私書箱をご覧ください。


※非公開を希望される場合は、守秘義務厳守のご注文(当工房のウェブ私書箱を利用)でお申し込みください。
===============================================================================================




関連ページ: 音程修正クリニック 総括「音声圧縮方式と音質」 MP3とAACの音質比較! MP3とWMAを徹底比較! MP3とWMAの音質改善! 邦楽・クラシック専用♪世界の音楽堂♪
初版:2004年8月10日  Copyright © 2004-2009 ノイズ除去&音声編集 − 工房AOK All Rights Reserved.  最終更新:2014年4月17日
                     自分好みにマスタリングリンクフリー自分好みにマスタリング
Since 2004.8.10