■ 【音声編集機能の活用実例集】データページ6


  [戻る]


● [ボーカル←→演奏]相対音量の調整

    歌(ボーカル)入り曲の場合、ボーカルと演奏の音量バランスを調整したいケースが多々みられます。
    調整する方法はいくつかありますが、ここでは「マルチバンドステレオエンハンス」機能を使って調整してみました。
    一般的にステレオ録音された曲は、”ボーカルが中央””楽器演奏は左・右”に定位しており、「ステレオエンハンス」で
   ステレオ幅を広げればボーカルが弱められ、逆に中央付近に狭めれば相対的にボーカルが強調されます。
    サンプル曲は、potmanさんの「EVERLIFEUP」です。

 ※出所:管理人さんの曲。

マルチバンドステレオエンハンスの設定例】




ボーカルを弱く(楽器演奏を強調)した設定例




ボーカルを強調(楽器演奏を弱く)した設定例

 実際はステレオですが、波形はモノラル表示にしてます。


オリジナル(編集前)


楽器演奏を強調



ボーカルを強調



  [活例]ページに戻る


● シームレスに曲の中間部分を削除

    サウンド編集ソフトには、不要部分を削除する「カット」という機能があります。
    ただし”やみくも”にこの機能で削除しても、継ぎ目に”クリップ音が発生”してうまくいきません。
    継ぎ目が分からないように、曲の中間部分を削除してみました。
    (会話の場合も、同じ要領で継ぎ目が分からないように「削除」や「別な言葉に置換」することができます)
    サンプル曲は、potmanさんの「EVERLIFEUP」です。

 ※出所:管理人さんの曲。

【削除のポイント】
 時間波形をサンプル単位まで拡大し、カットする部分の始点と終点を-infラインと交わる位置にする。
 下の画像は、サンプル単位に拡大する直前の波形です。





カットする部分の始点():-infラインとの交点




カットする部分の終点():-infラインとの交点


オリジナル(編集前)
(選択範囲がカットする部分)


カット位置不良
クリップ音発生


カット位置



  [Q&A]ページに戻る  [活例]ページに戻る


● コンサートホールで歌う(1)

    コンサートホールは、”音量感・残響感・広がり感”の3つの要素を取り入れて設計されています。
    この音響効果をシミュレートする機能が「リバーブ」です。
    potmanさんに仮想コンサートホールで「EVERLIFEUP」を歌ってもらいました。

 ※出所:管理人さんの曲。

【リバーブの設定例】



音響効果を控えめに設定



適用したインパルス応答
(仮想コンサートホールの残響特性)

 実際はステレオですが、波形はモノラル表示にしてます。


オリジナル(編集前)


生成した残響音



編集後
(オリジナルに残響音をミックス)



  [活例]ページに戻る


● コンサートホールで歌う(2)

    コンサートホールは、クラシックが合っているため”クラシック系の曲”に「リバーブ」をかけてみました。
    サンプルは「蓬莱曲」です。

 ※出所:ライブ音源のページより引用して加工(ノイズ除去)。

【リバーブの設定例】



音響効果を標準的に設定



適用したインパルス応答
(仮想コンサートホールの残響特性)

 実際はステレオですが、波形はモノラル表示にしてます。

オリジナル(編集前)
(2分06秒、2.0MB


生成した残響音
(2分06秒、2.0MB


編集後
(2分06秒、2.0MB



  [活例]ページに戻る


● 音飛び修整

    音飛びをカット(削除)して修整した実例です。
    【削除のポイント】は、シームレスに曲の中間部分を削除を参照ください。
    サンプルは、お客様の音楽ファイルを引用させていただきました。






編集前






編集後



  [活例]ページに戻る


● サウンドカード「過大音量入力と歪み」

    サウンドカードなどのオーディオインターフェイスに過大な音量を入力すると、音割れなどの原因になる歪みが
   発生します。
    具体的には、パソコンのライン入力端子にカセットテープレコーダーなどのオーディオ機器を接続し
   WAVE録音する場合、オーディオ機器の再生音量を上げすぎるとこのような現象が生じます。
    ONKYOのUSBデジタルオーディオプロセッサーSE-U55Xのライン出力端子とライン入力端子をオーディオコード
   で直結してループバック状態にし、便利なツール「RightMark Audio Analyzer(RMAA)」で、
   「入力音量と歪み発生」の状況を調査してみました。
    Windowsボリュームコントロールの(1)再生ボリュームをMAXにして過大音量入力を模擬した場合と、
   (2)中央位置にして適正音量入力を模擬した場合を比較したものです。

 ※: オーディオインターフェイスの性能を簡単に検証できるフリーソフトRMAAのダウンロードページ(英文)
      http://audio.rightmark.org/download.shtml (2004.5.21現在のバージョンは、RMAA 5.3です)

    RMAAの使用方法については、第143回:オーディオカード性能を手軽に評価(〜 Right Mark Audio Analyzerを試してみる 〜)
   詳しく紹介されています。


【RMAAの較正信号とテスト信号】
 実際はWAVEですが、MP3(128kbps)に圧縮しています。




較正信号
(1kHzのサイン波)






テスト信号

1.音量スライダーをMAXにして過大音量入力を模擬





ボリュームコントロールの音量設定(MAX)







THD(全高調波歪率)

RMAAの判定:”Very poor






IMD(相互変調歪率)

RMAAの判定:”Very poor

2.音量スライダーを中央位置にして適正音量入力を模擬





ボリュームコントロールの音量設定(中央)







THD(全高調波歪率)

RMAAの判定:”Very good






IMD(相互変調歪率)

RMAAの判定:”Very good

3.歪み発生対策
   サウンドカードなどのオーディオインターフェイスには、過大な音量を入力させないことが肝要です。

4.RMAAの全レポート
   過大音量を入力した場合の出力特性
   適正音量を入力した場合の出力特性


  [活例]ページに戻る


● 空席時と満席時の音響

    劇場やコンサートホールは、収容した客が音響を弱くすることを計算に入れ、残響時間を長めに設計しています。
    邦楽・クラシック専用♪世界の音楽堂♪で使用したインパルスデータは、劇場/コンサートホールで実際に録音
   したものですが、客を収容した状態でピストルなどの衝撃音を発生するわけにはいかないため
   空席時のインパルス応答です。
    そこで、空席時のインパルスデータを84%に短縮して、満席時の音響をシミュレーションしてみました。
    (実際に録音した音響特性を損なうことなく、残響時間は自由自在に変更できます)
    サンプル曲は、邦楽・クラシック専用♪世界の音楽堂♪から転載した「船弁慶」です。

 ※: 音楽的音響空間論に掲載されている、[欧米(含日本)の大ホール]1:古典・現代的ホール) 2:近代・ロマン派的ホール
    の残響時間を平均した短縮率です。

 実際はステレオですが、分かりやすいようにモノラル波形にしてます。


オリジナル




空席時の音響
(残響時間:2.32秒)



満席時の音響
(残響時間:1.95秒)



  [活例]ページに戻る


● 太郎の「早春賦」

    音声合成ロボット太郎が歌う「早春賦」です。








早春賦
(2分46秒、2.6MB



  [活例]ページに戻る


● 高音域を犠牲にしないノイズ除去

    音声などのノイズ除去に一般的に適用されている方法は、人間の耳には聞こえにくいとされる高音域を
   カットしています。
    このような方法を、高音域も必要な音楽のノイズ除去に適用するわけにはいきません。
    「高音域をカットする一般的なノイズ除去」と「高音域を犠牲にしないノイズ除去」をサンプル曲で比較・検証
   してみました。
    検証用材料として使用したサンプルは、レコードの針音が含まれた曲です。

   備考)波形は、時間波形・FFTともMP3圧縮前のWAVEで、再生音はMP3(160kbps)です。





オリジナル(編集前)




一般的なノイズ除去
(高音域がカットされている)




高音域を犠牲にしないノイズ除去

【FFT波形】



オリジナル(編集前)



一般的なノイズ除去
(高音域がカットされている)



ノイズサンプル
オリジナルの曲前(出だし部分)から採取



高音域を犠牲にしないノイズ除去
(オリジナルからノイズサンプルの周波数成分を減算処理したもの)




[♪自分好みにマスタリング♪]ページに戻る
[音楽専用♪ノイズ除去サービス♪]ページに戻る
[活例]ページに戻る


● ノイズ除去と無音化の違い

    [ノイズゲート]というエフェクトは、設定値以下の音を無条件に無音化するもので
   「曲前/曲後のノイズ除去?」によく使用されます。
    しかしながら[ノイズゲート]は、曲に含まれる肝心なノイズに対しては何も作用せず除去できません。
    このように曲前/曲後のノイズのみを除去し、曲に含まれるノイズを除去できない機能は「ノイズ除去」
   と区別して、「無音化」と表現すべきでしょう!
    サンプル曲で「ノイズ除去と無音化の違い」を検証してみました。
    検証用材料として使用したサンプルは、レコードの針音が含まれた曲です。

   備考)実際はステレオですが、分かりやすいようにモノラル波形にしてます。



オリジナル(編集前)




[ノイズゲート]で−25dB以下を無音化
(曲中のノイズは除去されません)



ノイズ除去
(曲中のノイズも除去されます)



[音楽専用♪ノイズ除去サービス♪]ページに戻る  [活例]ページに戻る








音声の編集・クリーニング 工房AOK