■ 【音声編集機能の活用実例集】データページ5


  [戻る]


● ○○風に編曲

    ある曲の周波数特性を別の曲に適用して、アレンジした例です。
    potmanさんの曲「EVERLIFEUP」を、皆さんよくご存じの「地上の星」風にしたものです。
    暗い曲に変化してますが、これはわたしのせいではなく「地上の星」のせいです。(笑)

 ※出所:管理人さんの曲。




編集前






編集後

【FFT波形】





編集前





編集後



  [活例]ページに戻る


● 早口のこもった声を修整

    聞き取りにくい、早口のこもった声を聞き取りやすく修整した例です。
    早口を「タイムストレッチ」で遅くし、こもった声は「ピッチシフト」で周波数を上げ、聞き取りやすくしたものです。
    注意点は、「タイムストレッチ」「ピッチシフト」とも一気に目的の速度、周波数に変換せず、音質が劣化しない
   範囲内で、数回に分け実施することです。






【タイムストレッチ設定画面】
 この設定で3回実施





【ピッチシフト設定画面】
 この設定で4回実施



早口のこもった声
(「Windowsを起動します」と言っていますが?です)


タイムストレッチで早口を遅くした声




ピッチシフトで周波数を上げた声

 ※出所:■WEB WAVE LIB 〜音と声のOnLine素材集〜 より引用して加工。

【FFT波形】





編集前





編集後
(高域側にスペクトルが移動してます)



  [活例]ページに戻る


● モノラルとステレオの違い!

    分かっているようで意外と分かっていない、モノラルとステレオの違いを視聴できるようにしてみました。
    ヘッドフォンで聞き比べてください。
    モノラル録音した音をステレオに変換することは、ファイルサイズが2倍になるだけで何のメリットもありません。

【音声の例】


モノラル録音


同上をステレオに変換した場合
(モノラルと変わらない)


ステレオの左(L)側のみの音声
(右側を無音にした場合)


ステレオの右(R)側のみの音声
(左側を無音にした場合)

【音楽の例】


モノラル録音


同上をステレオに変換した場合
(モノラルと変わらず、左右とも同じ音)


ステレオ録音
(左側はドラム、右側はギター)
※出所:サウンド編集ソフトDigiOnSound2付属のサンプルファイルを引用して加工。



  [活例]ページに戻る


● 「英会話」をマスターしよう

    ヒヤリングの習熟度に合わせて練習できるよう、話す速度を変えてみました。
    「タイムストレッチ」機能で5段階にしましたが、速度はさらに細かく調整できます。

【話す速度】
遅いやや遅い普通やや速い速い

出所: NHK教育テレビ 2003.12.1 放送の「英会話」より引用して加工。


  [活例]ページに戻る


● ライブ録音のクリップ補正

    ライブ録音などで、過大音量入力によりクリップすることはよくあることです。
    クリップすると波形にひずみが生じ、音量を下げただけでは修整できません。
    この実例は、ICレコーダーで録音したクリッピング部の波形を修整処理して、補正したものです。





編集前








編集後



  [活例]ページに戻る


● ボーカル七変化(音程変換)

    「ピッチシフト」で、potmanさんの曲「EVERLIFEUP」の音程を変えてみました。
    この例では大きく音程を変えていますが、微調整すれば「ピッチシフト」は”部分的な音程の狂いを修正”
   することなどに利用できます。

 ※出所:管理人さんの曲。

オリジナルより上が高音化、下が低音化したもの。低い周波数ほど暗い色。(実際はステレオですが、波形はモノラル表示)

高音化2


高音化1


オリジナル



低音化1


低音化2


低音化3


低音化4



  [活例]ページに戻る


● MP3の音質アップ

    低ビットレートMP3の音質を上げようとして、変換ツールなどで高ビットレートにすることは愚の骨頂です。
    ただ単にビットレートを上げただけでは、MP3圧縮時に失った高音は復元できないため、音質は変わらず
   ファイルサイズが大きくなるだけです。
    音質アップの方法として「倍音生成」機能を使い、MP3圧縮時に失われた高音を復元させてみました。
    この例は、potmanさんの曲「EVERLIFEUP」64kbps MP3の周波数スペクトルから、圧縮時に失った
   高音(倍音成分)を計算して復元させ、160kbps MP3相当の音質にアップしたものです。
   備考)その他の圧縮ファイル(WMA、RM……)も、同様にして音質をアップさせることができます。

 ※出所:管理人さんの曲。(元の128kbpsを、低ビットレートの64kbpsに変換して検証用材料とした)

実際はステレオですが、波形は分かりやすいようにモノラル表示にしてます。


編集前(64kbps 146kB)


ビットレート変換 64kbps→160kbps(160kbps 366kB)
(ファイルサイズが大きくなっただけで、音質は変わらない)


復元させた高音(倍音成分)(160kbps 366kB)



倍音成分で音質アップ(160kbps 366kB)

【FFT波形(周波数スペクトル)
 (wav ではなく)mp3 の波形。右側の段差18.6kHzは、再圧縮(160kbps)によるもの。




編集前(64kbps 146kB)





ビットレート変換 64kbps→160kbps(160kbps 366kB)
(ファイルサイズが大きくなっただけで、音質は変わらない)





復元させた高音(倍音成分)(160kbps 366kB)





倍音成分で音質アップ(160kbps 366kB)



  [戻る]


● レコード&テープ 回転誤差の音程修正

    レコードプレーヤーやカセットデッキなどで、正規回転でない速度にすると音程が狂ってしまいます。
    ・回転速度が速いと、時間が短くなり音程は上がります。
    ・回転速度が遅いと、時間が延び音程は下がります。
    このような状態での再生音を、WAVE(wav)ファイルにしてCD化してしまった場合などに適用する修正方法です。
    30秒のオリジナル曲を、回転速度が速かったため29秒になった場合と
   回転速度が遅かったため31秒になってしまった例を、「ピッチシフト」と「タイムストレッチ」機能で修正してみました。
 ※出所:サウンド編集ソフトDigiOnSound2付属のサンプルファイルを引用して加工。

【回転速度が速かった場合の設定例】
 ・「タイムストレッチ」で、時間を29秒→30秒に延ばす。(正規時間に戻す)
 ・「ピッチシフト」で、音程(周波数)を29秒/30秒=0.967倍に下げる。(正規音程に戻す)


「タイムストレッチ」と「ピッチシフト」を一括して処理する設定例です。

【回転速度が遅かった場合の設定例】
 ・「タイムストレッチ」で、時間を31秒→30秒に短くする。(正規時間に戻す)
 ・「ピッチシフト」で、音程(周波数)を31秒/30秒=1.033倍に上げる。(正規音程に戻す)


「タイムストレッチ」と「ピッチシフト」を一括して処理する設定例です。


実際はステレオですが、波形は分かりやすいようにモノラル表示にしてます。

オリジナル曲(30秒)
470kB(128kbps MP3)

回転速度が速かった場合(29秒)
454kB(128kbps MP3)

同上修正後(30秒)
470kB(128kbps MP3)

回転速度が遅かった場合(31秒)
485kB(128kbps MP3)

同上修正後(30秒)
470kB(128kbps MP3)

【FFT波形(周波数スペクトル)





オリジナル曲(30秒)
470kB(128kbps MP3)





回転速度が速かった場合(29秒)
454kB(128kbps MP3)





同上修正後(30秒)
470kB(128kbps MP3)





回転速度が遅かった場合(31秒)
485kB(128kbps MP3)





同上修正後(30秒)
470kB(128kbps MP3)



  [活例]ページに戻る


● 高域を増幅してツヤがある曲にする

    高音域の周波数成分を増幅して、輪郭のはっきりした音にするのが「エンハンス」です。
    この「エンハンス」機能で、音のツヤ出しをしてみました。
    編集前の曲より、ツヤが出たように感じられませんか?
 ※出所:音で遊ぶ?Mioさんのバイオリン演奏曲「五木の子守歌」です。

【設定例】


【FFT波形(周波数スペクトル)





編集前
(2分53秒、1.4MB)




編集後
(2分53秒、1.4MB)
・編集前の曲は音量過大であったため、音量を適正レベルに下げてから編集。
・ついでに低域も、似たような機能で増幅しています。




  [活例]ページに戻る


● ボーカル除去(カラオケ抽出)

    歌(ボーカル)入り曲から、ボーカルを除去して演奏(カラオケ)のみを抽出してみました。
    低域・中域・高域のバンドごとに単独で調整・試聴確認できる「マルチバンドステレオエンハンス」機能を使い、
   演奏(カラオケ)のみを抽出した例です。
    ただしこの機能だけでは、原音を忠実に再現できないため「マルチバンドダイナミクス」「グラフィックイコライザー」
   ……などでマスタリングして、原音に近づけるよう追加処理も実施しております。
    サンプル曲は、potmanさんの「EVERLIFEUP」です。

 ※出所:管理人さんの曲。

マルチバンドステレオエンハンスの設定例】


各バンドごとに調整、プレビューできるため、
質の良い演奏(カラオケ)抽出が可能です。




編集前



演奏(カラオケ)抽出



マスタリング後



  [活例]ページに戻る








音声の編集・クリーニング 工房AOK